■ 主催サイト ■
Web文芸総合誌「文華」

「文華」を創刊して2年、ネット上で多くの作品に接してきました。また、わたしは同人誌遍歴も重ねてきましたから、同人の作品を数多く読んでいます。そのほとんどに共通 する欠点があります。いや、既存のプロ作家にも、これは当てはまるでしょう。オリジナリティの欠如です。どこかで読んだことのあるような、どこかで聞いたことのあるような話が実に多いのです。
 これは、わたしたちが多くの情報のなかで暮らしている弊害なのかもしれません。活字を読まない人でも、テレビから膨大な情報が流れ込んできます。自然とその情報に飼い慣らされて、独創性を失っているのかもしれません。
「文華」は、文章修行をメインに掲げる文芸誌です。作者のオリジナリティを刺激する企画を立てられないだろうかと考えてきました。それで、たどりついたのが「トライアングル掌編文学賞」です。ここでは、「概念」「数字(記号)」「物質」の3つのキイワードを提示します。作者にはまずこの三角形の部屋に入っていただきます。この限られた空間のなかでは、その作者が今まで得意としてきた“定番”を安易に使うわけにはいきません。おもしろい物語を創生するには、地面 を深く掘り下げるしかないのです。
 借り物の敷物を剥がして、常識で凝り固まったあなたの内面をどんどん削岩してください。脳髄がよじれるような陣痛のあとには、新たな魅力を宿した作家が誕生しているかもしれません。